Appleの検閲機能に世界中の権利団体が反発

アップル製品がテレスクリーン化する? コロナウイルス騒動
アップル製品がテレスクリーン化する?
この記事は約4分で読めます。

 前回の記事「アップル社はiPhoneやMacの検閲を開始します」で挙げたApple社が導入を予定している「検閲機能」が世界中の権利団体から波紋を呼んでいます。

 日本の方は関心すらない人が多いようですが、一般市民がアンテナを3本きっちり立てていなければ対抗力を形成することはできません。

ニュース記事要約抜粋

 『アップルCEOへの手紙 90余りの団体がティム・クックにプライバシーとセキュリティの弱体化を招く検閲機能を破棄するよう求める』

 公民権、デジタル権、人権を専門とする90以上の米国および国際組織の連合が本日、Apple社のCEOのティム・クックに手紙を送り、同社がiPhoneやiPad、その他の製品に監視機能を組み込む計画を放棄するよう促しました。

 「これらの機能は、子供を保護し、児童の性的虐待のコンテンツ(CSAM)の流通を減らすことを目的としていますが、保護されてきた個人の会話が検閲され、世界中の人々のプライバシーとセキュリティを脅かすことが通常化してしまい、多くの児童に対して悲惨な結果をもたらすことを懸念しています。」

 こう手紙を書いたのは、民主主義科学技術センター(CDT)、アメリカ自由人権協会(ACLU)、ペンアメリカ(PEN America)、電子フロンティア財団(EFF)、アクセスナウ(Access Now)..などに加えて、欧州、中南米、アフリカ、アジア、オーストラリアの団体です。

 この手紙では、「メッセージ内の画像を検出するためにAppleが展開しようとしているアルゴリズムは、信頼性が低いことで有名であり、アート、健康情報、教育資源、擁護団体のメッセージ、その他の画像を誤って検出し得る。」と書かれています。

 「そのように送受信される情報に関する児童の権利は、国連の児童の権利協定で保護されています。さらに、Apple社が開発したシステムは、関係する「親」および「子」のアカウントが実際には子供の親である大人に属し、それらの個人が健全な関係にあることを前提としています。これは常に当てはまるとは限りません。虐待を行う大人がアカウント管理者である可能性があり、親が気付いた場合には、子供の安全と幸福を脅かす可能性があります。子供への理解がない親がいる家族のアカウントでは、LGBTQ+ の未成年者は、特にリスクにさらされます。」

 Apple社がこの機能を加えてしまうと、iMessagesは、送信者と受信者のみが送信された情報にアクセスできるエンドツーエンドの暗号化通信システムを通じたユーザーへの機密性とプライバシーを失います。裏機能が組み込まれると、政府はApple社に通知を他のアカウントにまで拡張させ、性的に露骨であること以外の理由でも、如何わしい画像を検出するように強制する可能性があります」と書かれています。

 Apple社はまた、児童養護組織が提供する児童の性的虐待コンテンツ画像のハッシュデータベースに基づいて、ユーザーがiCloudにアップロードするすべての写真をスキャンし、一致のしきい値数に達したときに、アカウントを無効にして、ユーザーとそれらの画像を当局に報告するもう一つの機能を導入しようとしています。

 CDT Security & Surveillance Project の共同ディレクターであるSharon Bradford Franklin氏は、Apple社が世界中の政府から児童の性的虐待のコンテンツ以外の好ましくないと思われる画像をスキャンするように要請されることが懸念していると述べています。

 「政府は、AppleがiPhoneやiPad、コンピューターに組み込む監視機能を利用するようになるでしょう。政府は、Appleに対して、人権侵害や反政府運動的な画像に加えて、自由で民主的な社会のバックボーンを形成する言論の自由として保護されるべきコンテンツの画像をスキャンしてブロックすることを要求するだろう。」と彼女は述べた。

 手紙の結論は次のように書かれています。

 「私たちは子供たちを保護し、児童の性的虐待のコンテンツの急増にしっかりと立ち向かう努力を支援します。しかし、Appleが発表した変更により、子供と他のユーザーは現在も将来も危険にさらされます。Appleには、これらの変更を放棄し、エンドツーエンドの暗号化でユーザーを保護するという同社の取り組みを継続することを求めます。」

cdt

コメント

 前回の記事にも書きましたが、まさに「フットインザドア」的に監視社会が進もうとしています。

 大衆が知らない間に監視社会化が進み、気付いた頃には声を上げても遅い、といういつものパターンです。

 「ビッグブラザー」がiPhoneという「テレスクリーン」に姿を現しつつあります。

 テクノロジーの理解がなければ未来は見えません。

 テクノロジーの理解がなければ明るい未来を描けません。

元記事

In Letter to Apple CEO, 90+ Organizations Urge Tim Cook to Scrap Plans to Weaken Digital Privacy and Security CDT 2021年8月19日

コメント

タイトルとURLをコピーしました