「中国がまもなく覇権国家となる?」

清華大学のバーチャル学生 華智氷さん  テック通信
清華大学のバーチャル学生 華智氷さん
この記事は約3分で読めます。

 北京で「汎用AI」が誕生しつつあるというニュースです。

 自由と雇用の破壊者たち 〜 第四次産業革命とビッグテック その1では、ビッグテックがすでに活用している「特化型AI」ではなく、「汎用AI」が誕生すると9割の雇用崩壊が始まるとされていると書きました。

(実際には特化型AIでも未曾有の雇用崩壊が起こりますし、既に始まっていますが…)

ニュース記事要約

『中国AI研究、米を逆転 論文の質・量や人材で首位』

 中国、北京の清華大学に2021年6月、(才色兼備の)女子が入学しました。「か・ちひょう」(華智氷、Hua Zhibing)さんという名前のバーチャル学生です。中国版のツイッター微博(ウェイボ、Weibo)で話題になっています。

 認知レベルが人間の6歳に相当し、1年後(2022年夏)には12歳に達するとのことです。(AIが苦手とする)詩や絵を創作する能力に加えて、将来はウェブサイト制作も可能になる見通しとのことです。

 論文の質や量、AI研究者の人材数とレベル、AIの成長に必要なデータ量、いずれの点においても、中国の研究が米国を逆転しているだろう。

中国AI研究、米を逆転 論文の質・量や人材で首位 日経新聞 2021年8月8日

コメント

 この日経新聞の論点はずれています。

 グーグルは遅くとも2018年には清華大学と共同研究を進めてきていますし1)、マイクロソフトは2013年から清華大学と提携していますし(2)、アップルのCEOティム・クック氏は2019年に清華大学諮問委員会のトップに就任しています(3)。

 さらにフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏は2012年に中国人女性と結婚していますし、2014年に清華大学で中国語で講演を行なっています(4)。

 つまり、AI研究において、「米国と中国は競争している」というよりは、「共同で研究している」といると見ることができます生物兵器としてのコロナウイルス研究の話とそっくりですね。ユダヤ人が米中の国境を越えて巧みに支配しているのでしょうね。

 なお、ビッグテックが利用しているディープラーニング技術を用いたSiriやAlexaなどの特化型AIでは、画像とテキストのみしか分析ができないと言われています。よって、音声データについては、一旦テキスト化されて分析されています。

 汎用AIとは人間と同様に様々な知的作業をこなすことのできるAIです。

 長くなるので、手短に書きたいと思いますが、「汎用AIを生んだ国が世界覇権を取る」とされています。

 「データは次の石油」とも言われています。

 それは第四次産業革命の汎用目的技術は、汎用AIであるということでもあります。
 
 第四次産業革命といってもピンとこない方が多いようですので、次の表で「産業革命の重要性と歴史」を理解されておかれると良いと思います。

産業革命第一次第二次    第三次 第四次
汎用目的技術蒸気機関内燃機関   コンピューター
電気モーター インターネット
 AI
 IOT
 3Dプリンター
覇権国家イギリスアメリカ   アメリカ
(ドイツ)
 ?
汎用目的技術と覇権国家

 フランスのナポレオンがイギリスに敗れて、第一次産業革命がイギリスで起こりました。

 ドイツはヒトラー政権が米国と同様に汎用目的技術を有していましたが、敗戦に追い込まれました。

 ここでは曖昧にしますが、ナポレオンを倒したのも、ヒトラーを倒したのも同じ人達ですね。

 以上、
 
 「中国が覇権を取るのかもしれないけれど、実際にはユダヤ人が裏にいるんでしょ。」とご理解をいただけたなら幸いです。

 また、よろしければ、SNSなどで拡散いただければ幸いです。
 
 私は何度アカウントを作っても、作った瞬間に制限が課されるため、Twitterは自粛中です。

参考記事

(1) ツイッター社取締役に就任したAI学者、李飛飛氏の赤い経歴
(2) マイクロソフト、清華大学と知的財産権センターを共同設立
(3) アップルCEO、中国清華大ビジネススクール諮問委トップに指名
(4) ザッカーバーグ氏が中国語で講演、聴衆わかせる

 実際の華智氷さんの素顔はこちらで確認いただけます。華やかで叡智があり氷のように冷たい女性なのでしょうか。🤔

▶︎中国清華大に「バーチャル女子学生」が入学

コメント

タイトルとURLをコピーしました